新興国市場の近況レポート(インド編) 企業業績が拡大する傾向、経済の安定性が魅力
コメント (0)
ハイリスク・ハイリターンの投資先との印象が強い新興国。しかし一方で、豊かな資源や若年人口の増加などを背景に将来的な成長力は先進国を凌ぐとも言われる。個人の長期投資先として、常に注目度の高いエリアだ。今、投信セールス担当者として知っておきたい、新興国市場の現状と見通し、長期の投資先として考えた場合のメリットや心構えなどを、運用担当者に聞いた。

新興国市場の近況レポート(中国編)はこちら▼

主要先進国との低相関性による分散効果への期待

グローバル経済の影響を受けにくいインド

イーストスプリング・インベストメンツ 投信営業部長 嶋田 雄二氏

インド株式は、2020年から2021年にかけて、米国株式などに次いで株価が大きく上昇しました。働ける人口の割合が圧倒的に多く、生産活動が活発になり経済発展しやすい「人口ボーナス期」に突入したばかりのインドでは、経済成長の加速に伴い企業業績が拡大する傾向にあり、株価の上昇を支える要因になっています。
また、インド経済の名目GDPの構成項目において、輸出額が占める割合は11.2%(2016年から2020年の5年間平均)と比較的低く、中国向け輸出額の割合も5.0%(同上)と低水準に留まっています。また、インド経済は外需よりも内需を中心に成長しています。こうした点から、インドはグローバル経済や中国の景気変動の影響を比較的受けにくいという経済構造上の特徴があります。

こちらの記事は会員登録で続きをご覧いただけます

『フィナンシャル・マーケティングWEB』会員なら

・全国のトップセールスのノウハウ記事が全文読める

・『ファンドマーケティング』の最新号の記事がスマホで発売日前に読める

・『保険マーケティング』の記事がスマホで読める

・新着記事や注目記事が分かる会員限定メルマガが週2回、届く

会員ログイン
   
新規会員登録(無料)



利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「ファンド・マーケティング&保険マーケティング」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、公募投資信託もしくは各種の保険商品の販売に携わる上記項目に該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

私は、利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。必須
必須項目=必須