三井住友DS日本バリュー株ファンド(愛称:黒潮)
コメント (0)
1999年7月30日の設定来パフォーマンスがTOPIX(配当込み)を上回る『三井住友DS日本バリュー株ファンド』(愛称:黒潮)。長期安定運用に対するこだわりや高リターン獲得を目指す仕組みについて、三井住友DSアセットマネジメント 株式運用第二部 バリュー+αチーム シニア・ファンドマネージャーの部奈和洋氏に聞いた。

独自開発のAIが企業の変化の兆しをキャッチ

部奈和洋(べな かずひろ)
部奈和洋べな かずひろ

三井住友DSアセットマネジメント
株式運用第二部
バリュー+αチーム シニア・ファンドマネージャー

──『三井住友DS日本バリュー株ファンド』(愛称:黒潮)の特徴を教えてください。

『黒潮』は、正式名の通り国内のバリュー株(割安株)に投資するアクティブファンドです。ポイントは、ただ単に割安な株に投資するのではなく、“大きな変化”が期待される銘柄に投資することです。バリュー株投資というと、PBR(株価純資産倍率)1倍割れで買い、1倍以上になったら売却するのが一般的ですが、中にはいつまでも割安なまま放置される「バリュートラップ」にはまり、株価が上昇しないケースも見受けられます。

また、割安な株価が見直されるだけではリターンは限定的です。当ファンドはPBRだけでなく、ROE(自己資本利益率)の変化に注目して銘柄を厳選します。割安株の中から業績改善などにより、ROEの改善が見込まれる銘柄を厳選することで、α(市場平均を上回るリターン)の獲得を目指します。

──PBRとROEの関係を教えてください。

ROEとは、株主から預かった自己資本を使って、どれだけ効率的に利益を生んでいるかを示す指標です。ROEの数値が高いほど企業が効率的に利益を得られる体質であると判断され、将来の利益が増加すると期待されます。

そしてPBRは「PBR=ROE×PER(株価収益率)」なので、ROE、PERが上がれば、PBRは上昇することになります。PERが需給や市場心理など外部環境に左右される側面がある一方で、ROEは業績拡大やコスト削減、株主還元といった企業努力により向上させることが可能です。

『黒潮』は、ROEを考慮して適正と思われるPBRを独自に算出し、それを下回る銘柄を主な投資対象としています。投資時点のPBRから適正値に上昇することで期待リターンが高まりますし、ROEが向上すればさらに適正PBRが上昇して、より高いリターンが見込めるのです(図表1)。

図表1 ROEの変化による適正PBRの変化

※上記は、作成基準日現在のものであり、今後変更される場合があります
※上記はイメージです

──ROEの向上の可能性はどのように判断していますか。

企業の変化は数値に現れない部分が多いため正確に捉えるのは難しい。そこで『黒潮』では、企業リサーチをサポートする独自のAI(人工知能)を開発し、“変化の兆し”を可視化する仕組みをつくりました。

具体的にはファンドマネージャーである私の考え方を学習させたAIに、全上場企業が発表している決算短信のテキストを読み込ませてスコアリングしています。例えば、「新商品が好調だ」「新技術を開発中」といった前向きな変化が見て取れるコメントがある場合には高スコアが付くといった具合です。

その後、AIでの評価スコアで上位となった企業を運用チームが重点的にリサーチします。業界や同業他社を分析するほか、経営者に直接インタビューしたり、オフィスや工場を視察したりして確度を高めていきます。

企業の取組みは一朝一夕には業績改善につながりません。継続的な企業変化をもたらすにはトップマネジメントがカギになるので、経営層との面談を重視しています。

インデックスを上回る収益を狙う

部奈和洋(べな かずひろ)

──今後の見通しは。

こちらの記事は会員登録で続きをご覧いただけます

『フィナンシャル・マーケティングWEB』会員なら

・ 全国の トップセールスのノウハウ記事 が全文読める

・『ファンドマーケティング』の最新号の記事が スマホで発売日前に読める

・『保険マーケティング』の記事が スマホで読める

・ 新着記事や注目記事が分かる 会員限定メルマガ が週2 回、届く

会員ログイン
   
新規会員登録(無料)



利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「ファンド・マーケティング&保険マーケティング」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、公募投資信託もしくは各種の保険商品の販売に携わる上記項目に該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。必須
必須項目=必須