2024年の金融市場見通し
コメント (0)

世界経済がハードランディングする予想もあった中、粘り腰の展開が続いた2023 年。日本株市場は一時33 年ぶりの高値をつけるなど堅調な推移をみせる。2024 年の金融市場はどう動くか、注目ポイントと合わせて有識者に聞いた。※記事内容は2023 年11月15日現在
(『ファンドマーケティング』2023年12月発行号より転載)

2023年の日本株市場と2024年金融政策:エコノミスト 崔真淑氏
株主還元と未来への投資行動がカギ

東証のPBR改善要請が日本株上昇を後押し

崔 真淑氏
崔 真淑
グッド・ニュースアンドカンパニーズ
代表取締役
エコノミスト

2022年末から2023年初にかけて、これからは米国を含む世界で景気が減速・後退するとの懸念が広がっていました。しかし、実際には度重なる利上げと金利上昇から想定されるほどには悪化せず、多くの市場関係者にとって意外な展開だったのではないでしょうか。

そんな中、2023年に入り日本株がバブル崩壊後33年ぶりの高値をつけるなど急騰し、その後も概ね堅調に推移しています。日本株の上昇を後押ししている要因の1つが、2023年3月に東京証券取引所がプライム市場とスタンダード市場の全上場企業に対して行った経営改善要請です。とりわけPBR(株価純資産倍率)1倍割れの企業には、資本コストを上回る資本収益性を達成できていないとして、改善策を開示・実行するよう促しました。

PBRは「PBR=ROE(自己資本利益率)×PER(株価収益率)」なので、企業がROEを引き上げるために増配や自社株買いなど株主還元の姿勢を強めれば、株価上昇へ追い風となります。結果、PBR1倍割れ企業を中心に大きく買われました。

こちらの記事は会員登録で続きをご覧いただけます

『フィナンシャル・マーケティングWEB』会員なら

・ 全国の トップセールスのノウハウ記事 が全文読める

・『ファンドマーケティング』の最新号の記事が スマホで発売日前に読める

・『保険マーケティング』の記事が スマホで読める

・ 新着記事や注目記事が分かる 会員限定メルマガ が週2 回、届く

会員ログイン
   
新規会員登録(無料)



利用規約

第1条(本規約)

株式会社エディト(以下「当社」とします)は、当社が提供する「ファンド・マーケティング&保険マーケティング」(以下「本サイト」とします)について、本サイトを利用するお客様(以下、「会員」とします)が本サイトの機能を利用するにあたり、以下の通り利用規約(以下「本規約」とします)を定めます。

第2条(本規約の範囲)

本規約は本サイトが提供するサービスについて規定したものです。

第3条(会員)

本サイトの会員は、公募投資信託もしくは各種の保険商品の販売に携わる上記項目に該当していることを条件とし、登録の申し込みを行うには、当社が入会を承諾した時点で、本会員規約の内容に同意したものとみなします。なお、申込に際し虚偽の内容がある場合や本規約に違反するおそれがある場合には、当社は会員登録を拒否もしくは抹消することができます。

第4条(ユーザー名とパスワードの管理)

ユーザー名およびパスワードの利用、管理は会員の自己責任において行うものとします。会員は、ユーザー名およびパスワードの第三者への漏洩、利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。ユーザー名およびパスワードの使用によって生じた損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権)

本サイトに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当社もしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。会員は、当社著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。

第6条(サービス内容の停止・変更)

当社は、一定の予告期間をもって本サイトのサービス停止を行う場合があります。 会員への事前通知、承諾なしに本サイトのサービス内容を変更する場合があります。

第7条(個人情報の取扱い)

当社は、会員の個人情報を別途オンライン上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

利用規約およびプライバシーポリシーに同意したうえで、会員登録を申し込みます。必須
必須項目=必須